伝説の帰還と、イーグルスが果たせなかった約束。

還ってくる。

伝説が、東北のマウンドに還ってくる―

こんにちは、akiです。ついに発表された田中将大投手の楽天復帰。

百戦錬磨の投手の加入でパ・リーグの勢力図も大きく変わり、優勝するためにも非常に大きな投手の加入です。ですがその実力以上に、草創期を支えた人たちが退いた時代に楽天のほとんどすべてを背負っていたと言っても過言ではない選手の帰還が、チームそして東北に与える影響は計り知れません。

良いか悪いかは別として、震災を機に東北楽天ゴールデンイーグルスはある種の特殊なチームとなった(なってしまった)と私は思っています。そこから優勝・日本一を果たすまでのストーリーのど真ん中にいたのは、間違いなく田中将大投手でした。

rakuten-eagles

マー君が居なくても勝てるチームにならないといけなかった

マー君は優勝後に渡米しました。このときに、これから圧倒的存在がなくどうしていくのか、つまり誰かにおんぶにだっこではなく、チームの総合力でもう一度ペナントを獲るにはどうしたら良いのか、ということを考えて実行していく段階に入っていたと思います。

しかし、その試みはかなりの部分が失敗に終わったといえるでしょう。マー君が渡米してからの7年間でAクラスは3季、いずれも3位ギリギリです。

たしかに、石井GMが就任するまでのドラフト戦略はかなり微妙だったというのはあるかもしれません。しかし、それも含めて勝てるチームにならないといけなかったのではと思います。

ここ数年は1年での監督退任が相次ぎ、内部の事情が分からないファンが見ても様々なことが上手く行っていないのかもしれないということを感じさせます。

伝説の帰還はある意味で2回目の優勝への「最後のピース」なのかもしれません。復帰は素直に嬉しいですし、ファンとしてとても興奮しています。しかし、またおんぶにだっこでいいのか、そうならないようにチームを強くしようとしてきたのでは、ということを思わずにはいられません。

・・・でも、ここまで来たら

しかし、こうなったらもうそんなことはどうでも良いのです。3位にしかなれなかったとは言いましたが、もともと岩隈・田中の2枚看板がいたのに万年最下位だったチームからしたら今はめちゃめちゃ強いです。ここまで来たら優勝するしかない。いや、

優勝しかない!!!!

脈絡のない文章となってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

田中投手の復帰に関する楽天イーグルスの公式プレスリリースはこちらです。
https://www.rakuteneagles.jp/news/detail/00003518.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA