今日の一曲

「AMAs総なめから、グラミーのプレゼンター!」新たなカントリー・スター、ケイン・ブラウンを見逃すな!!

※この記事は、当サイトの前身であるakiの「今日の一曲」で2018年10月に公開した記事を再構成したものです。

たくさんの音楽であふれる現代。「何を聴けばいいの?」という方にも、「もっともっと新しい音に触れたい!」という方にも新たな音楽を届けられるように。そんな思いを持ちつつ、ゆるりとコメントしていくのがakiの「今日の一曲」です。

今日の一曲はこちら↓

「Lose it」by Kane Brown

渋さの中に絶妙なバランスの情熱が感じられる音楽!!

今日取り上げるのは、いま一世を風靡しているケイン・ブラウンというカントリーミュージシャンです。

昨年10月行われたアメリカン・ミュージック・アワーズ(AMAs)ではカントリーミュージックの部門ですべての賞を総なめ。まだデビューしてから約2年なのですが、人気がうなぎ上りの歌手です。

そして、2019年のグラミー賞ではノミネートこそ逃したもののプレゼンターに大抜擢されました。実はここに来るまでクラウド・ファンディングでお金を集めて曲を出したところからのし上がってきた苦労人でもあります。

まずは聴いてください!!

Lose It ミュージックビデオ

聴いていただくと分かると思いますが、彼の最大の特長は何と言っても「低く渋い声」です。声は天性のものなのでこれは唯一無二の良さです。カントリーミュージックの雄大さの中で、彼の低音の歌声が凛として響き渡っていてとにかくカッコいい

日本ではこういう歌手はぐっと減ってしまった印象がありますが、やはり低音の渋い声は聴きごたえがあります。

歌いだしの部分は特に低音でじっくりと聴かせていますし、サビ以降のギターと歌声の絡みも最高です。また、少しダンシーな要素もあり、テンションを上げるための曲としても威力十分。

ここまで多種多様な要望に応えてる曲ってあるのか、、、

メロディだけをとっても最高の一曲ですが、曲の歌詞は何を言っているのかというと、これは愛する人への愛の言葉になっています。もっとはっきりと言うと、「夜はこれからだー!」という曲です(以下略(笑))。

タイトルの「Lose it」は「感情のコントロールができなくなっていること」を指しますが、歌詞では


Girl, let’s lose it tonight (訳:ねえ、今晩僕と一緒にメチャメチャになっちゃおう!!)という超際どい(というかアウト(笑))という使い方もされています。

とにかく情熱的ですね。

あまり和訳しているサイトがないみたいなのでサビの和訳をしてみます。

I don’t think you know what you’re doing to me, 
you got my heart skip-skipping a beat tonight
Close enough so there’s space between
You and me, let’s lose it
訳:僕は君が僕にしていることなんてわからない
君のせいで僕の心臓は激しく脈をうってばかりだ
もっと近くに来て、そして僕と君の間の隔たりなんてなくしてしまおう

The way you’re dancing, swaying to the music
Girl, that body and how you move it
Every time you cross my mind
Girl, I lose it
Yeah, I lose it
Yeah, I lose it

君が音楽に合わせてた踊り方や腰の動かし方
そう君のその体が(どうやって動くか)そして君がどう動くか
(※ちなみに夜に「踊ったり」「体を動かしたり」することが何を指しているのかは想像にお任せします(笑)これは欧米の楽曲ではもはや常套句ですが)
いつも君は僕の心から離れない
ねえ、僕はもう止まらない
そう、僕は止められない
ああ、僕は止まらない
 

和訳しながら、「すげぇなぁ」と思いました(笑)。でもケイン・ブラウンの渋い声に乗るとそういった情熱的な歌詞も違和感なく聴けてしまうのが不思議です。

今年もさらなる活躍が予想されますし、一聴の価値ある楽曲ですのでぜひ。


Spotifyはこちら

お読みいただきありがとうございました。

<参考文献>

American Music Awards Official Site: https://www.theamas.com/

KANE BLOWN, KELSEA BALLERINI + LUKE COMBS AMONG 2019 GRAMMY PRESENTERS: TASTE OF COUNTRY
http://tasteofcountry.com/2019-grammy-awards-presenters/

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください