10連戦を何とか乗り切った、、ここから勝負!!

がんばれ楽天イーグルス!

こんにちは、akiです。

プロ野球はいよいよ大詰め。すべての球団が100試合を消化して、勝負の最終盤に差し掛かっています。その中で、7月末から8月の初めにかけてイーグルスを襲ったのが「10連戦」です。この戦いをデータで振り返りたいと思います!

2019年シーズン(OP戦を含む)データ一覧はこちらから!

エラーは少なくなり、打撃も改善傾向?

10試合で5勝4敗1分けで何とか勝ち越しました。前の週では1試合平均の失策が 1以上だったのですが、10連戦では 0.4。延長戦が2試合があり、なかなか簡単に勝てる試合はありませんでしたが、最後までディフェンス面がほころびなかったことが大きいのではないかと思います。

1試合の平均ヒット数は8.8、平均得点も4で攻撃面も悪くはないと言えます。一方で、大幅な勝ち越しにはつながっておらず、チャンスであと一本が出ればもっと楽に勝つことができたのではないかと思います。

先制する戦い方もできてきた?

こちらは私が独自に設定した指標です(詳細はこちら)。攻撃・守備力の改善に伴い、戦況も改善しているようです。「FIG-FIR」の項はプラスになりました。つまり、平均して相手より早く1点目を獲れていたということです。10連戦の間も苦しみながら大崩れしなかった理由の一つが個々にあると思います。

そして、それに伴って「LIs」の項も8.9(←3.2)と大幅にアップ。9回×裏表=18イニングのうちの約9イニング、ほぼ半分ですから上々です。これも10連戦を何とか勝ち越しで終えることができた要因です。

さて、オールスター直前の10連敗、オールスター直後もなかなか調子が上がらずイマイチ勝利数を伸ばせていません。主軸の浅村選手の復調もありますし、10連戦を乗り切りました。ここからの上昇に期待したいですね!!!

お読みいただきありがとうございました。

2019年シーズン(OP戦を含む)データ一覧はこちらから!

データはYahooが提供するアプリ「スポナビ 野球速報アプリ」にて提供される情報を基にしています。ダウンロードはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA