one-music-one-day

【必聴】SANOVAがインストバンドの中でじわじわ来ている!

こんにちは、akiです。

今日の一曲は↓

「Liberty」 by SANOVA

流れるような美しいメロディは聴く価値あり!!

SANOVAはキーボードの堀江沙知さんを中心とした「和製ジャズ・インストプロジェクト」です。

「Liberty」が収録されたアルバム、「BLISS」ダイジェスト

・音数が多い流れるようなメロディ

インストメンタルのバンドと言えば、ADAM atやSchroeder-Headzなど(これらのバンドはいずれまた紹介します)がいますが、最近じわじわ来ているのがSANOVAというバンドです。

バンドには様々な特徴がありますが、このバンドの特徴は「とにかく音数が多い」ことです。音が詰まっていて音階の上がり下がりが頻発する曲が多いです。凡長だと思う方もいるかもしれませんが、意外と飽きずに聴くことができます。むしろ本当に音階の上がり下がりがとにかく滑らかで来いていてうっとりできると思います。

・美しさと力強さの融合

そして、今回取り上げた「Liberty」という曲がSANOVAの中でも特に素晴らしいのは、冒頭から「力強さ」を感じられるメロディであることです。この曲も冒頭から音階の上がり下がりが全開で音数もとても多く、一見するとせわしないのですが、この冒頭から一切のリミッターなしに進んでいくメロディが聴いていて背筋がピンと伸びるような気にさせます。

繊細な部分もありつつ、とてもダイナミックな音なので聴いていてパワーをもらえる音楽だと思います。インストメンタルのバンドでもかなりダイナミックな曲が多いバンドだと思います。

・本気で紅白を目指す!

SANOVAの公式サイトに行くと、 「インストながら紅白出場を夢に掲げ活動している」という記述があります。インストのバンドは紅白はおろか深夜の音楽番組にすら出ることは非常にまれですが、しかしSANOVAの楽曲は至る所で使われており、人気も上昇しています。

SANOVAの主な楽曲提供先は、

日本テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」「NEWS ZERO」「news every.」「PON!」「ZIP!」
テレビ東京「YOUは何しに日本へ?」
テレビ朝日「報道ステーション」
フジテレビ「林修のニッポンドリル」
TBSテレビ「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」「ジョブチューン」
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」

いやいや、凄まじいですね、、おそらくSANOVAの曲を聴いたことがないという人は(気付いているかは別として)いないのではないでしょうか。ある意味広くメディアで使われているという点では紅白歌合戦に出場するにふさわしいアーティストと言えるでしょう。

これからも繊細さと力強さを兼ね備えた素晴らしい楽曲でさまざまな場面を彩って欲しいアーティストです。ぜひ聴いてみてください。

SANOVA公式サイト

Spotifyはこちら

お読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA